【もうこれで十分】海外旅行保険におすすめな障害治療費補償が充実した年会費無料クレジットカード

海外旅初心者「海外旅行保険はほとんどの場合がクレジットカードで十分ってわかったけど、おすすめなカードを知りたいな。 安く、お得で、末永く使えるカードがありがたいです。」

以前、医療費請求データを分析した結果、一部を除いてほとんどの方がクレジットカードだけで十分という結果になりました。【データから徹底考察】海外旅行保険はクレジットカードだけで大丈夫か

今回はあなたが安心して海外旅行に行けるようおすすめのクレジットカードを厳選しました。クレジットカード選びに迷っている方、もうこのブログをみれば全て解決です。

海外旅行初心者が持っておくべきクレジットカード3選+α【厳選】

いわゆる補償額が高いゴールドカードをいきなり作る必要はありません。理由は無料のクレジットカードの合算だけでも十分補えるから。ゴールドカードや年会費有料カードの魅力はラウンジの利用や還元率の高さです。もちろんお得感は非常に高いのでリッチな旅を体験したければできれば持ってほしいです。旅行好き最強のクレジットカードはどれ?それはSPGアメックスカード

でもまずは海外旅行保険に重点をおいた絶対に損のない無料のクレジットカードをご紹介します。

【1枚目】エポスカード



年会費は永久無料

海外旅行保険自動付帯(持っているだけで保険適応)

海外旅行行く方は必須!

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
https://www.eposcard.co.jp/

このカードだけは比較検討必要なし、迷わずに即作りましょう。年会費無料・海外旅行保険自動付帯なのでパスポートと一緒に永遠に保管しておいても大丈夫。これで疾病治療費用が270万も補償されるなんてあなたは神様かしら。

しかも障害治療費用200万+救援者費用100万にて最低ラインの300万はクリアしました。

あなたが65歳未満、循環器系の持病なし、アメリカ以外の渡航なら、実はこれだけでもOKなんです。

【エポスカード】

【2枚目】ジャックス横浜インビテーションカード

年会費無料

国内旅行も補償される

海外旅行保険自動付帯(持っているだけで適応)

エポス、横浜カードの2枚で障害治療費用は400万円

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用最高200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用最高200万円(1疾病の限度額)
賠償責任最高2,000万円(1事故の限度額)
携行品損害(免責 3,000円)
最高20万円(年間限度額)
救援者費用最高200万円(年間限度額)
https://www.jaccs.co.jp/

あまり多くは知られていないカードかもしれませんが、海外旅行保険に関していえばエポスカード同様一級品です。サブカードとしてのデメリットは1つもないので即作って大丈夫です。こちらもエポスカードと同様にパスポートと一緒に永久保管しておいてOK。

※実は横浜インビテーションカードと全く同じ補償内容の高還元率なREXカードというものがあります。しかし、REXカードにはショッピング補償が付いていません。高還元なREXカードショッピング補償付きの横浜カードか迷うかもしれませんが、そもそもサブカードとしての利用をオススメするため、還元率を求めるのであれば後半で説明する有料年会費のカードか楽天カードにしてください。

ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)

【3枚目】楽天カード

https://www.rakuten-card.co.jp/

年会費は永久無料!

同伴者も全員海外旅行保険適応

エポス、横浜、楽天カード3枚で障害治療費用は合計600万円!

海外旅行保険は利用付帯のため、出国前に1円でも旅行ツアー代に使用していることが条件。

旅行代理店で販売するツアーのみ適応

※以前は「自宅から出発空港までの交通費」を楽天カードで支払えば海外旅行傷害保険は適用していましたが、2020年10月1日以降からは適応されないという変更になりました。最悪…

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用200万円(1疾病の限度額
賠償責任(自己負担額なし)2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用200万円(年間限度額)
携行品損害(自己負担額3,000円)20万円(年間限度額)
https://www.rakuten-card.co.jp/

エポスカードと並び、神様みたいなカードだった楽天カード。しかし今や効力を発揮するのはJTBやHIS、近畿日本ツーリストなど旅行代理店が販売する商品を楽天カードで払った時のみです。以前は現地までの交通費の一部を楽天カードで決済すれば適応だったので個人手配旅行にも使えてのに…

それでも旅行代理店を利用していれば最強には変わりありません。

必ず旅行代理店の決済に使いましょう。

【+α】リクルートカード(楽天カードの代わり)

https://recruit-card.jp/

年会費無料

1人2枚作れる(2枚合算で障害治療費用200万!)

利用付帯だが、条件ゆるい。交通費の一部を使用すれば条件達成。旅行代理店の決済で使用しても適応。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(年間限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(年間限度額)

これは個人手配で旅行に行かれる方は楽天カードの代わりにこちらを利用しましょう。交通費の一部をリクルートカードで利用するだけでOK。実際はエポスカードや横浜インビテーションカードだけでも十分ですが、アメリカなど医療費が高額な国に行くときは心強い友になります。

まとめ

カード名年会費傷害補償費用疾病補償費用自動or利用
エポスカード無料200万円270万円自動付帯
横浜インビテーションカード無料200万円200万円自動付帯
楽天カード無料200万円200万円利用付帯
(旅行代理店の商品のみ)
(+α)リクルートカード無料100万円
(2枚で200万)
100万円
(2枚で200万)
利用付帯
(個人手配〇)

これらのカードをすべて契約すれば傷害補償費用の総額は800万(笑)。補償の最低限ラインが300万のため、十分安心感があります。

もちろん、全部作る必要はありません

こちらが旅初心者おすすめの完全無料厳選パターンです。

①旅行代理店の商品

楽天カードで決済し、サブとしてエポスカード、横浜インビテーションカード

②個人手配(私は基本コレです)

リクルートカードで一部決済し、サブとしてエポスカード、横浜インビテーションカード

③医療費が安いアジア圏に旅行

楽天、エポス、横浜のどれかで十分

これらのクレジットカードの海外旅行保険を活用して安全を確保しておけば旅がより安全になることでしょう。ぜひ最高の旅をしてきてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました