【スイス】おすすめ伝統グルメと美味いレストランの探し方

【スイス】おすすめ伝統グルメと美味いレストランの探し方

スイスといえば農業大国。日本の京料理、江戸前寿司などの繊細な食文化とは少し違い、ポテトやチーズを使ったシンプルな料理が多いです。もう一つの大きな特徴は、隣国の食文化の影響を大きく受けており、一つの国にいながら様々な料理が楽しめます。

スイスは言語圏によって料理も違う

https://www.eda.admin.ch/

スイスにはドイツ語圏内、フランス語圏内、イタリア語圏内が存在しますが、その他にスイス語であるロマンシュ語の地域がある。各地域でドイツ料理、フランス料理、イタリア料理の要素が加わってくるため、行く先々でテイストが違います。

スイスの2大代表料理

Käse Fondue:ケーゼフォンデュ

ケーゼフォンデュとはドイツ語です。意味はチーズフォンデュ。ほとんど日本と同じようですが、酪農大国でもあるスイスのチーズは濃厚さ、深みがまるで違います。

Raclette:ラクレット

https://www.forbes.com/

スイス全土に広がる伝統料理。これも日本で同じようなものが流行ってきましたね。皮付きのふかしたジャガイモにラクレットチーズをかけて食べます。シンプルですが、ホクホクで甘いジャガイモにトロトロチーズは最高ですね。ピクルスなどの付け合わせはありますが、サラダなどは添えてないのが基本スタイルです。

スイス8大料理

Rosti:ロスティ

ドイツ語圏内の料理。じゃがいもをおろし金で粗くおろし、フライパンでカリっとなるまで焼いた料理。ハッシュドポテトの原形となっている。ベーコンと目玉焼きをトッピングして提供するのが人気。ハッシュドポテト同様に美味いですが、食べ過ぎると胃がもたれますよ。

polenta:ポレンタ

https://www.helvetickitchen.com/

イタリア言語圏地域の料理。トウモロコシの粉をじっくり煮込んで作るおかゆ。チーズをかけていただきます。

Filet de perche:フィレ・ド・ペルシュ

https://www.theramblingepicure.com/

フランス言語圏のジュネーヴで人気の料理。湖でとれる白身魚ペルシュをフライかムニエルにして食べます。お店によってはたっぷりのタルタルソースやバターソースがかかってくることもあります。でもレモンが効いてさっぱり食べれますよ。

Bratwurst an Zwiebelsauce:ブラートヴルスト・ツヴィーベルゾーゼ

https://www.swissmilk.ch/

ジューシーなブラウンソーセージに玉ねぎを甘く炒めたソースを合わせた料理。これは絶品です。ビールが3倍美味くなります。

Zürcher geschnetzeltes:ツールヒャー・ゲシュネッツェルタス

ドイツ圏内、特にチューリヒ州でよく食べられている料理。仔牛をクリームでじっくり煮込んだ料理になります。ロスティを添えることが多いですね。少々お高いですが、これも美味いです。日本ではあまり牛をクリーム煮にしないので、食べる価値は十分にあります。

älplermagronen:エルプラーマクローゲン

https://commons.wikimedia.org/

マカロニ、ジャガイモ、ベーコンをクリームで和えて、フライドオニオンをかけたもの。主に山岳地帯で食べられている山小屋料理です。最高に美味いわけではありませんが、いくらでも食べれます。

schweinefilet:シュヴァイネフィレ

https://www.gutekueche.ch/

ドイツ言語圏の料理。豚のフィレ肉を香ばしくソテーし、クリームソースをかけた逸品。ソースにはマッシュルームのクリームソースを使う店もあります。見た目からわかる通り、これは本当に美味いですよ。ビールが最高に進みます。

cordon blue:コルドンブルー

https://irecetasfaciles.com/

豚肉もしくはチキンでハムとチーズを挟み、パン粉を付けて揚げた料理。フランスから入ってきた料理だけあって、これも美味いです。外はサクサク、中はトロトロ、中間はジューシーな贅沢三昧です。

SPAETZLE:シュペッツリ

https://www.food.com/

小麦粉と卵と水を合わせて茹でた料理。パスタとは少し違った食感です。日本でいうごはん、アメリカでいうマッシュポテトみたいな役割でしょうか。これも美味しいので止まらないですよ。

LUZERNER PASTETLI:ルツェルナーパステートリ

https://www.bettybossi.ch/

パイの真ん中をくり抜き、マッシュルームや小さいソーセージをクリームソースと一緒にたっぷり流し込んだ料理。昔ケンタッキーで売っていたクリームポットパイに似たような味わいですね。

美味しいレストランの見つけ方

正直、観光本に出ている店は高いだけでハズレも多いです。なぜなら観光地だから。日本でも、観光地の海鮮丼を食べたことがある方はよくご存じでしょう。

スイスで本当に美味しいレストランを知るには、「スイス版ミシュランガイド」「Best of Swiss Gastro」のガイドブックを参考にしてください。

この二つに紹介されているところは地元民もよくいく優良店です。事前に調べなくても、

①地元民で賑わっている

②店の前に「Best of Swiss Gastro」という表示

この二つが確認できたらGOサインです。きっと美味しい料理に出会えることでしょう。ただし、どんなレストランでもスイスは高いので気を付けてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。スイスは物価が高いため、毎日レストランでの食事は難しいかもしれませんが、ぜひ一度は伝統料理を召し上がってみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました