【ノルウェーガイド】トロルスティーゲン経由!オスロからガイランゲルフィヨルドへの行き方・ルート紹介

【ノルウェー無料ガイド】トロルスティーゲン経由!オスロからガイランゲルフィヨルドへの行き方・ルート紹介

ガイランゲルフィヨルド

フィヨルドの真珠と呼ばれ、2005年に世界遺産に登録されました。ノルウェーのフィヨルドといえば日本ではソグネフィヨルドが一番有名ですが、世界のランキングではガイランゲルフィヨルドが人気一位をとることもあります。もし1つのフィヨルドしか行けないなら、ここを選ぶ人も大多数います。

人気の理由は800フィートから落ちる7つの滝(7人姉妹の滝)だけではありません。2015年の災害映画「The Wave」の公開で世界中に有名になりました。この映画はフィヨルドの山が崩壊し、津波によってガイランゲルフィヨルドを破壊していく壮大な内容となっています。

ガイランゲルフィヨルドの唯一の欠点はアクセスがやや悪いこと。オスロからは日帰りでは難しいです。また、ノルウェーのフィヨルド旅すべてに言えますが、5月~9月以外の旅行はバスや船の大半が運休しているため苦労します。冬でも催行しているツアーもありますが、割高かつ天候に左右されやすいため計画はしっかり立てていきましょう。

  • シーズン:5月~9月
  • 日帰り所要時間:10時間(オースレンを拠点とした場合)

バスのルートを調べるには圧倒的に便利な「RuterReiseアプリ」のダウンロードをオススメします。詳しくは以下の記事からどうぞ。

【ノルウェー旅行】おすすめバスルート・時刻検索アプリ「RuterReise」

おすすめ2大ルート

  1. オスロ→ドンボス→オンダルスネス→ガイランゲル→ヘルシルト→オースレン(ゴールデンルート経由このブログではこのルートを紹介
  2. (日帰り)オースレン→ヘレシルト→ガイランゲル→オースレン(下リンクのブログ参照)

【ノルウェー無料ガイド】オースレン発の日帰りガイランゲルフィヨルド周遊観光ルート、行き方

ゴールデン・ルートとは

ガイランゲルフィヨルドとオンダルスネスをつなぐ道路63号線はゴールデン・ルートと呼ばれ、バスから世界屈指の壮大な景色をみれる観光ルート。

特に人気なのはトロルスティーゲンTrollstigen(妖精トロールのはしご)という急勾配で、ヘアピンカーブが11カ所も続きます。スリル満点なバスドライバーの運転テクもみることができます。

つまり、2のルートを通ることによってみることができるのですが、あまりにも時間のない方はオースレンまで行かずにオスロへ帰るのも一つの手。

トロルスティーゲンは5月末から9月末まで通行可能(バスは8月末まで)。

トロルスティーゲン

ゴールデン・ルート経由!オスロ→ガイランゲルフィヨルドへ

オースレンを拠点とした日帰りルートも人気ですが、やはりトロルスティーゲンを通るゴールデンルートの方が圧倒的に人気です。経由地は多いですが、さほど難しくないのでぜひ挑戦してみましょう!

オスロ→ドンボス 鉄道旅

ドンボス行き列車 写真:https://commons.wikimedia.org/

オスロ中央駅からドンボス行きの列車に乗って下さい。チケットは現地でもネットでも買えます。オンダールスネスまでの切符を買いましょう。

  • 所要時間:4時間
  • 本数:1日6本
  • 料金:オスロ→(ドンボス経由)→オンダルスネスで片道約1000NOK前後(約14000円)。時間帯によって料金変動あり。
  • チケット購入:現地駅またはネット購入Vy公式 ※バスのチケットまでは買えません。

元々ノルウェー国鉄(NSB)と呼ばれていましたが、2019年以降はVygruppen AS(Vy)とも呼ばれるようになりました。少し前のガイドブックではNSB表記が多いです。アプリを持っておくとチケットの購入楽です。

‎Vy
‎Use the Vy app to easily find suggested travel itineraries using trains, buses, taxis, metro, trams, and boats. You can buy tickets from Vy and other operators...

ドンボス→オンダルスネス ラウマ鉄道旅

ドンボス~オンダルスネス間をラウマ鉄道と呼び、ノルウェー国鉄が運営しています。このラウマ鉄道は非常に有名な景勝鉄道です。そして日本ではあまり知られていませんが、なんとこのラウマ鉄道にて「ハリーポッターと謎のプリンス」が撮影されました(場所は中間地点のビヨルリ)。

6月~8月は完全に観光列車となり、ノルウェー語、英語、ドイツ語の解説を聞き、旅のハイライトを説明したパンフレットがもらえます。この期間中は撮影スポットで減速し、最高の景色を提供してくれます。そのためこの期間以外と比較して10〜15分程到着が遅くなります。

あまりクオリティは高くありませんが、このYouTubeをみておけば大体の概要はわかると思います。

※動画はオンダルスネス→ドンボスなので、このブログとは逆ルートです。

オンダルスネスの町

オンダルスネスの町は見て素敵、遊んで楽しい、空気が爽やか。ここだけでもノルウェー旅が完結してしまいそうなほど良い場所です。当ブログではこの町は素通りし、ガイランゲルに泊まることを想定しています。他のガイドブックでも素通りする場合が多いですが、オンダルスネスで宿泊してからガイランゲルに向かうのも最高の選択肢だと思いますよ。

オンダルスネスの魅力がわかるサイトvisitnorway公式

オンダルスネスの町

オンダルスネス→ガイランゲル バスの旅

ここからはバスでのアクセスです。そしてお待ちかね、超人気ルート、ゴールデン・ルートとはここの道です。「世界で行ってみたい道ランキング」のような番組やサイトに度々紹介されていますね。人気の理由はトロルスティーゲングドブランスユーヴェのような絶景スポットが多数あるためです。

グドブランスユーヴェ
  • バス:220番バス。6月24日~8月18日の間で1日2便のみ運行(これ以外の時期もガイランゲルに行くことはできますが、乗り換え多数&ゴールデンルートを避けたかなり遠回りの道です。)
  • 料金:片道508NOK(約6700円)
  • チケット購入:FRAMのアプリ、オンダルスネスの観光案内所、運転手から直接(やや割高)
FRAM

FRAMの公式サイトもしくはアプリから事前にチケットを購入することができます。ただし、このサイトもアプリもエラー頻発です。日本ではなく、現地では問題なくアクセスできるとの噂も…

‎FRAM
‎The FRAM app gathers travel planning, ticket purchase and real-time information for the buses, ferried speedboats and ferries in Møre and Romsdal County, Norwa...

ガイランゲル → ヘレシルト フェリーで1時間

7人姉妹の滝

ここからがこの旅一番のハイライトです。

人気の撮影スポットは上の写真の入り江と、クルーズ船からみる「7人姉妹の滝」になります。轟々と音を立てて流れる滝ではないので、そのような期待を持つとガッカリしてしましますよ。フィヨルドの絶景とマッチした華麗な滝です。

  • チケット:船乗り場、ネットで購入 日本語対応チケット購入サイトNorway’s best公式
  • 料金:片道310NOK(約4000円)
  • 時間:片道1時間
  • 4・10月:1日3往復、5月上旬と9月下旬:4往復、5月中旬~9月中旬:8往復の運航。それ以外は運休

ヘレシルト → オースレン バスで2時間30分

  • 250番バス
  • 料金:日本円で約2000円~3000円
  • 時間:約2時間30分
  • もし不安であれば上記のルートをバス運転手に提示すれば合っているか教えてくれます。
  • チケット購入:FRAMのアプリ、ヘレシルトの観光案内所、運転手から直接(やや割高)

今回の拠点のオースレン、小さな港町で田舎、なにもない場所ではありますが、それこそが魅力的です。あなたのノルウェー旅行で一番好きな街になる可能性を秘めている町ですよ。

オースレンの夕暮れ

ヘレシルトはガイランゲルとフェリーで結ばれた村です。バスを降りて船乗り場まで向かう途中に石橋を渡りますが、そこでこの景色がみれます。村の中心にはヘレシルトフォッセンと言われる低い滝が流れており、フィヨルドに流れ込んでいます。

ヘレシルト 出典:https://commons.wikimedia.org/

まとめ

いかがでしたでしょうか。ガイランゲルフィヨルドに行くにはバスが必須ですが、このチケットを買うまでがややストレスを感じるところ。ルートは「RuterReiseアプリ」で簡単にわかりますが、チケット購入のサイトがエラーが多いのがネック(他にいい方法があれば教えて下さい)。潔く現地の観光案内所で買うのもありかと思います。ぜひ楽しんできてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました